Stories by Kelly Osbourne

August 2, 2015

L1270022_2L1270025_2wcovnv97bhti5a6ws0fd

I forgot when but sometime mid Spring / Summer day in LA. I met Kelly Osbourne at Sunset Marquis in west Hollywood. I’ve always loved her sharp, witty British sense of humor and that rebel Rock attitude since MTV “the Osbournes.” 

For those of you who is not too familiar with American TV, Kelly is a daughter of Ozzy (Black Sabbath) and Sharon Osbourne. They had this hit reality show called “the Osbournes” on MTV. It was one of the most hilarious shows you’ve seen back then and if not first, one of the early reality shows that was actually good and real. Away before reality shows became all scripted and ridiculous. 

One of the other shows I like of her is “Fashion Police” on E! She was a presenter along with Joan Rivers and how they talkedor bashed someone’s red carpet fashion was hilarious! But I’ve always liked what Kelly had to say. She can be harsh (on fashion) but always on to the point and I’ve always admired her fashion sense.

And just last year, Kelly came out with her own fashion line, “Stories by Kelly Osbourne.” I particularly like the polka-dots dress she is wearing in the picture above and the one next to her in Union Jack inspired prints. Her fashion line carries is 0 – 24, she says “I’ll never make anything that won’t be translated to plus-size as well. Because everyone deserves to wear fashion.”  And not only that, she’s standing by her decision to provide affordable clothes for every figure. 

Hollywood is full of cookie cutter Barbies but I like Kelly Osbourne’s strength and realness. We need more of her here!

http://kellyosbourne.com

いつだったかもう忘れてしまったけれど、春から夏にかけてのある日のこと。ウェストハリウッドのSunset Marquisというホテルでケリー・オズボーンに会う。私は彼女の毒舌とイギリスのブラックユーモアあふれるセンスとトークが昔から大好きで、MTVの「ザ・オズボーンズ」という番組はよくお腹をかかえて見ていたっけ。

一応アメリカのテレビに詳しくない人のために補足すると、ケリーはオジー(ブラックサバス)とシャロンオズボーンの間に生まれた長女で、家族のリアルな生活を追ったリアリティショー、「ザ・オズボーンズ」はエミーを受賞するほどの大人気に。今思えば、まだリアリティ番組が流行りだした最初の方で、リアリティ番組が今のように演出され、バカバカしくなる前で、オジーの天然さ、暴走、破壊力はすごいものがあった。

彼女の出演する番組でもう一つ好きなのは、E!で放送されていた”Fashion Police” 今は亡き、ジョーン・リバースとセレブのレッドカーペットファッションを得意の毒舌で批評する、かなりシュールな番組。そこがまた面白いんだけどね。ケリーのコメントはいつも辛口(ファッションに対して)なんだけど、必ず一理あって、どこか優しさもあって、彼女のファッションセンスも好きでよく見ていた。

そんな彼女、昨年は自分のファッションライン “Stories by Kelly Osbourne”を発表。私が特に好きだったのは、上の写真で彼女が着ているポルカドットのワンピースとその隣に展示されているユニオンジャックにインスパイアされたプリント柄など、彼女らしさが出ていて好き。しかも、素晴らしいのは彼女のコレクション、なんとサイズ0〜24までとサイズのバリエーションがとっても豊富。(これは彼女自身の体重の変動に悩んだ経験からくるものらしい。)彼女いわく、「プラスサイズにもうまく反映されないようなデザインは絶対に作らないわ。なぜなら、ファッションはみんなが楽しむ権利があるから。」さらに嬉しいのは、「すべての体型の人に手頃な価格でファッションが届けられるように」という彼女の決断通り、堂々とした態度でファッション界に進出。今後の彼女の活躍がとても楽しみ。

ハリウッドはクッキーの型で型どられた、典型的なファッションやルックスのバービーばかり。だからこそ、彼女のようにリアルで女性としての強さに溢れる人は応援したくなる。

http://kellyosbourne.com

Follow my blog with Bloglovin