My connection to Germany

February 28, 2015

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

One of my old friend’s favorite film was German title: Der Himmel über Berlin, English title: Wings of Desire directed by Vim Venders. As a college student, I did’t understand a thing about the film except for feeling this strong heartache and empathy for the main character. I didn’t know it was by Vim Venders. Maybe I should watch it again.

友達の大好きな映画のひとつにあったヴィム・ヴェンダースの「ベルリン天使の詩」

学生の頃見たときは切ないということ以外はまったくよくわからなかった、この映画。監督ヴィム・ヴェンダースだったのね。もう一度見てもいいのかも。OLYMPUS DIGITAL CAMERAAt the Brandenburg Gate.

Preparing for the New Years Eve count down.

ブランデンブルク門前にて。

年越しのカウントダウンでマスコミやステージ、観光客などでごった返し。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Here we are! Finally at the Berlin Wall.

This is the West side of the wall.

さて、ついにベルリンの壁へ!

こちらはベルリンの壁、西側。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAAnd this is the East side.

そして、こちらが東側。 OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

Last year on November 9th marks the 25th anniversary of the fall of the Berlin Wall.  I was only 9 years old at the time, vaguely remembering something huge is happening on TV but it was actually a historical moment which lead to the re-unification of Germany after 40 years of separation.

The wall that divided the East and the West, the wall that witnessed history which is now a symbol of peace since November 9th 1989. It is just incredible to be standing right next to this wall.

Even though I wasn’t a great history student, watching this video below makes me very emotional.

The video shows the West-German foreign minister at the time, Hans-Dietrich Genscher, standing on the embassy’s balcony and giving the speech to the refugees that their departure permission had been negociated.

昨年11月9日でベルリンの壁崩壊から25周年。私は当時9歳。テレビ越しに何かすごいことが起きているらしい、くらいの印象しかなかったけれど、戦後40年続いた東西冷戦に事実上の終止符が打たれた瞬間。

国民が求めていた国境の解放。

西と東を区切っていた壁、歴史の瞬間を目撃し、今もなおそこに建ち続けているこの壁は1989年11月9日を境に平和のシンボルになった。

ベルリンの壁崩壊前の9月30日、西ドイツ外相、ハンス・ディートリッヒ・ゲンシャー氏がプラハにいる西ドイツへの出国を求める東ドイツ人に向かって行ったスピーチは歴史があまり得意でない私でも見ているだけで胸が熱くなります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Although this is my first time in Germany, my connection to Germany started right when I was born.

My name is “LENI”

Given a German first name in a Japanese society was pretty odd growing up. For most of the time, Japanese female names end with “KO.”  For example, Mariko, Yoshiko, Yuko, Kanako, Kumiko…to name a few.  Plus my name is written in Katakana. So people always assumed I’m either a foreigner or a foreign mix until they actually see my face. lol. I am 100% Japanese but my father Noa, he was so artsy that he picked a name inspired by a multi talented German artist (who is a director, actress, producer, writer, photographer, editor and dancer)  Leni Riefenstahl. In the hopes of becoming someone who always have passion in her life and no matter how old you are, never to fear trying new things.

I used to not like this name to be honest. Because I always stood out for wrong reasons and it is such a larger than life kinda name, I simply wanted to be normal like Mariko or Akiko or something. But as I grew older, I learnt to cherish my name and thank my parents for giving me such a cool name. I’m not sure how I’ve been living true to their wishes but at least I’m true to myself. Or at least I try to be. I wish I can keep growing as a woman and one day be proud of my name.

ドイツに来たのはこれがはじめて。でも、私とドイツの繋がりは、なんと生まれたときからあるのです。

私の名前はレニ。

レニというのは本名で、日本での明記はカタカナ。今でこそ、カタカナや奇抜の名前の子も多くいるようになったけれど、私が小学校、中学校に通っていた頃なんて、奇抜な名前の子は学年に数人。ましてやカタカナなんてどうしたってハーフか、どこかの血が混ざってるに違いない、と思われがち。

そんなドイツ語の名前を持つ私はやはりなぜか変に目立ってしまうことが多かったりと、こんな名前をつけてくれた父親を恨めしくも思ったものだった。”LENI”という名前はなんとも芸術肌の父親がドイツ人アーティスト(監督、女優、プロデューサー、エディター、カメラマン、ダンサーでもある)、レニ・リーフェンシュタールにインスパイアされてつけたもの。名前の由来はレニ・リーフェンシュタールのようにいくつになってもトライすることを恐れず、パッションを持って人生を送るように、というところから来ている。幼い頃はこの名前が本当に嫌いで、目立つたびに恥ずかしくって、マリコちゃんとか普通の名前に憧れていたけれど、年を重ねるたびにこんなクールな名前をつけてくれた両親に感謝したいと思うようになったんだから、不思議なもの。このあまりにも大きな名前の由来にどれだけ忠実に生きて来られたかはわからないけれど、一応自分のやりたい気持ちには正直に生きてきたつもり。これから先、女性として人間としてさらに成長していけたら、そして自分の名前にもっと誇りを持てるようになれるように生きられたら、いいなと思っています。

Follow my blog with Bloglovin

OLYMPUS DIGITAL CAMERA