Cristo Rei

October 10, 2015

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

I was extremely glad that I went to see the Cristo Rei, I wasn’t sure if I wanted take a trip over the bridge but really glad I did.

Also being there on the day of Nagasaki’s 70th Anniversary, August really meant time to think about our past and history of your Ancestors. 

My beloved grandfather used to tell me about his stories from the war.

It sounds like such a long time ago but it’s only been 70 years.  I feel like we’ve forgotten all about what happened then and living in this peaceful, materialistic world sometimes.

Although Cristo Rei is a Catholic statue, I felt this great ray of lights which surrounds him like an aura, he is sending his love and prayers to Japan. Something so warm and almost motherly, sending people peace and hope. 

He is so grand and holly, you also relate to this female statue looking up to him.                                                                                                 She is quite beautiful, her gaze is so intense, you can’t take your eyes off.

Something unexplainable but holly and sacred, that’s what I took home that day.

Cristo Reiは橋を渡らないといけないので、直前まで行くことを迷っていたのですが、実際に見に行って本当に良かった。しかも、Cristo Reiを見に行ったのはちょうど長崎の原爆記念日でもあり、8月は夏休みで楽しいのもいいけど、海外にいながら、色々の日本のこと、ご先祖さまのこと、終戦記念日、広島、長崎に原爆が70周年の年ということなどなど色々考えされられる月でもありました。

もう今は亡き、うちのお祖父ちゃんがよく戦争の話を聞かせてくれたことを思い出しました。

でもあれから、まだ70年しか経っていないんですよね。日本はものすごい勢いで回復して、私たちは恵まれた世界に居て、当時のことを、なんだかすっかり忘れてしまって平和ぼけの中、生活してしまってるのかなー、と感じることがあります。

クリストレイ像はカソリックの像だけど、暖かい光のようなオーラに包まれていて、なんだか日本に愛と祈りを捧げているような表情にも見えました。とても暖かくて、それは母性のようでもあって、みんなに希望と平和を送っているような。

その聖なる存在は物理的な大きさよりもさらにグランドで、クリストレイ像の下から祈る女性にはなんだか不思議と共感するものがこみ上げてきます。

この彼女の横顔といい、まなざしといい、目が離せません。

とにかく神秘の存在を感じる不思議な場所、そんなところでした。

Follow my blog with Bloglovin