Consignment shops

July 30, 2015


180415-1346

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Leni Ito, LENI by Leni Ito, All rights reserved

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Today, I would like to talk about Consignment shops.

Past three years or so, I’ve been doing this closet detox. Going through your closet one by one, making sure if you still adore those pieces and asking yourself if they still belong in your closet. Once you hit thirty, you actually don’t need tons and tons of different pieces of clothing. All you need is a few elegance key pieces.

When you do actually go through your closet, you start to wonder “How come I have all these craps stored in my closet??” and “how much money have I spent on these piles and piles of clothing??” It was a long process but now my closet is down to 1/3 of what it used to be. (Still a lot left!)

Back when I started this whole detoxing process, I was hoping I can get a closet make-over from a scratch but that’s a dream of a dream. So back to reality and try to either sell, recycle or donate things you no longer needed. Great thing is in America, you can find good organizations to donate or consignment shops fairly easily.

You have no idea, how many bags of clothes I’ve brought in to these consignment shops to sell. Often times I went home with exactly same bags as I came in. They simply tell you “We actually didn’t find anything that we wanted from your pile.”  You feel so embarrassed and almost  wanted to hate this girl who went through your bags, blaming her that was wrong and not my taste or trend level.

Anyway through all this experience, I learned important lessons about purchasing something new, letting go of things you no longer need and maintaining my closet size.

Now I ask myself twice, maybe three times sometimes five times before I make a purchase. This goes to anything. I don’t need that many things in my life to feel happy. I’d rather have something really nice that I can cherish for a long long time.

Buying is so easy today with a swipe of a card but you also tend to lose a sense of actually purchasing. Also something I want to emphasize too is that you don’t have to break your bank to look great. If you are a smart shopper, you can use your brain to find that perfect piece. As much as I like fine high-end brands, I find a joy in finding some hidden gems in sale wagons, vintage shops or consignment shops.

One of my favorite is Crossroads trading co.

The black American Apparel skirt I’m wearing in the picture above with my neon Manolo Blahnik was $12.

I also just bought a pair of unworn Stuart Weitzman wedge sandals which was half off and was $21.50!

Black dress I wore in Barcelona was from Banana Republic and was only $20!! (it was NWT)

Best buy ever was a new with tag from Barneys New York (original tag says $255!), Timo Weiland skirt for only $16.50!!!

As a proud Japanese, I’m happy to hear about Queen of organizing , Mariko Kondo aka KONMARI and her book “The Life-Changing Magic of Tidying: A Simple, Effective way to Banish your Clutter Forever” doing so well here in America and overseas.

She also mentions in her method too but I say “thank you” or kiss them good-bye to the ones you let go of.  Just like doing a cleanse detoxing, it makes you feel much lighter and clearer than ever.

今日はコンサイメントショップのお話。

実はここ三年くらいかな、ずっとクローゼットデトックスをし続けています。クローゼットの中の洋服を一つ、一つ取り出して、まだその服そのものが好きか、そしてクローゼットに残しておくべきか自問自答するプロセス。30代に入ると、そんなに多くの種類の洋服は必要ないことに気づきます。それよりも本当に必要なのはエレガントで品のある、いくつかのキーピースだけで十分。

実際にクローゼットの整理を始めると「なんでこんなに沢山着ない、もしくは一度も着てさえいない洋服で溢れかえっているの??」または、「こんなに沢山の洋服たちにいったいいくらお金を使ってきたの??」と自分に問いかけだしたらキリがないくらい。(ある意味、自分と向き合う良いチャンスかも。)ものすごく長いプロセスだったけど、今では1/3までダウンサイズできました。(それでもまだまだ縮小できると思う。)

このクローゼットデトックス経験を経て、「買う」という行為について、要らないものを「レットゴー」すること、そしてクローゼットのサイズをメインテインすることの大事さを痛いほど学びました。泣

このクローゼットデトックスを始めたころは、一度すべてを処分して、クロゼットごとメイクオーバーできたらいいな〜、なんてと幻想を抱いていたけれど、それはまた夢のまた夢です。

現実に戻って。アメリカの良いところの一つには、こういう要らなくなったものを寄付、リサイクル、または売るためのドネーション団体、リサイクルショップやコンサイメントショップが豊富なところ。

寄付する前に、まずはコンサイメントショップへ、どれだけ沢山の紙袋を持ち込んだことか。ときにはほどんど何も取ってもらえないこともあって、恥ずかしいのと、恨めしいのとで、悪いのはチェックしたお姉さんのセンスなんじゃないの?と自分のセンスやトレンドレベルは棚上げして、首をかしげていたっけ。

でもこのプロセスを経て、今では何か物を購入するときには、二度、三度、ときには5回くらい自分に問いかけて、どうしても必要、欲しいものだけを買うようになりました。これは洋服だけでなく、すべてにおいて言えること。ハッピーになるために、そんなに沢山のモノは必要ないと気付いたからです。それよりかはむしろ、質が良くて、これから先、何年も長い間、愛着を持てる自分の好きなものたちだけに囲まれて暮らして生きたい、という考え方にシフトしたからです。

今日では、オンラインやショップでカードを切るという簡単な行為でいとも簡単に商品が手に入って、買うことのありがたみが薄れてきています。また私がここで声を大にして言いたいのは、大金を払わなくてもファッションは楽しめるということ。真のスマートショッパーは頭を使って自分にパーフェクトな一着を見つけることができると思います。質の良いハイエンドなブランドは私も大好きだけれど、大きなセールワゴンやヴィンテージショップやコンサイメントショップの中から隠された宝モノを見つけるのは、それだけで得した気分になります、私はそういうところに喜びを見出すのが好きです。

私の好きなコンサイメントショップの一つはLAに数店舗ある、Crossroads trading co

以前のポストでネオンのマノロブラニクと一緒に合わせて着ていた黒い、American ApparelのスカートはCrossroadsで$12.

先週買った、未着用のStuart Weitzmanのウェッジサンダルは半額で$21.50!

バルセロナで以前着ていた黒いドレスは Banana Republicの新品タグ付きで$20!!

そして今までCrossroadsで買った一番は、Barneys New Yorkのタグ付き(もともと$255!) Timo Weilandのスカートはなんと$16.50!!!

ちなみに今アメリカでも人気の片付けコンサルト、近藤麻理恵さん、aka こんまりさん、(日本人として嬉しいですね。)が実践しているメソッドにも出てきていましたが、私も捨てたり、ドネーションで寄付するときは”Thank you”とか「ごめんね。」とか声をかけるようにしています。また、ジュースなどのクレンズでもそうですが、クレンズし終わったあとの心身は軽く、以前よりももっとクリアに見えるようになっていると思います。みなさんも、ぜひ♡

Follow my blog with Bloglovin